大和市の良心的な葬儀社を紹介するサイト

公営斎場と民営斎場の違い

民営斎場と公営斎場の違いについて、くわしく紹介しているページです。

大和市に実際ある民営斎場「大和総合ホール」と公営斎場「大和斎場」を例に挙げて、利用料金や設備面で比較もしているので、ぜひ参考にしていただければと思います。

「大和総合ホール」と「大和斎場」を比較チェック!

葬儀社が持っている民営のホール(民営斎場)と、市区町村が運営している公営斎場。民営より公営の方が費用を抑えられるということは前のページでも解説しましたが、具体的には、どの程度の違いがあるのでしょうか…?また、費用のほかに、どんな違いがあるのでしょうか…?

ここでは、民営斎場のなかでも比較的安価に家族葬がおこなえる「大和総合ホール」を例に挙げ、大和市の公営斎場「大和斎場」と比較をしてみました。

大和市内で葬儀を考えている方、民営斎場と公営斎場の違いを知りたいという方などは、ぜひチェックしてみてください!

大和総合ホール(民営斎場)

【利用料金】
155,000円

【おもな設備】
・駐車場:あり(90台駐車可能)
・併設の火葬場:なし
・安置施設:あり

大和斎場(公営斎場)

【利用料金】
30,000円

【おもな設備】
・駐車場:あり(170台駐車可能)
・併設の火葬場:あり
・安置施設:あり

安価でしっかりした家族葬をおこなうには公営斎場

いかがでしょうか。利用料金については公営斎場「大和斎場」の方が大幅に安くなっていますが、用意されている設備面ではほとんど変わりがないことがわかります。

火葬場が併設されていること、駐車場の駐車可能台数がより多いことを考えると、むしろ公営斎場「大和斎場」の方が条件的に勝っているとも言えますね。

公営斎場はメリットがたくさんあります。とくにコストを重視したい方、余計な手間を省きたいという方などにはおすすめなので、葬儀社を選ぶ際には公営斎場を勧めてくれるところを選ぶとよいでしょう。

当サイトでは、公営斎場での葬儀を取り扱っているおすすめの葬儀社もピックアップして紹介しているので、ぜひそちらも併せてチェックしてみてくださいね! 大和斎場で家族葬ができる葬儀社をチェック